スタッフブログ - 宮城県仙台市AKA「まやま整骨院」

HOME > スタッフブログ

宮城県富谷市・黒川郡 妊婦さんの腰痛なら「まやま整骨院」

2017年02月07日 [記事URL]

産後に開いてしまった骨盤を矯正するために産後骨盤矯正を考える人も多いと思われます。

あるいは、妊娠中の腰痛を何とかしたくて整体院に通うことを考える人もいることでしょう。

しかし、産後や妊娠中の体というのは無理な体勢をしたり施術を受けると
産後の回復に響いたりお腹の赤ちゃんに影響することも考えられますので、無理のない安全な施術を受ける必要があります。

安全を要する整体を受けたいと考えているのなら、AKA施術を採用している整体院に通うのが良いと言えます。

AKA施術とは、全国でもその施術を行っていることが少ないとされている稀な施術法で、
ジョイント・ディスファンクション(関節機能異常)を改善する手技療法の一つです。

実は、このAKA施術を取得するのは非常に大変であり、
骨盤の関節は最大でも2ミリと非常に短いことから微妙なずれを改善するのは一筋縄ではいかないとされています。

現在、AHA施術が可能な医師は全国でも60人もいないとされており、
非常に高度な技術力とされているのですがその分改善する力はとてつもなく大きく、
施術を行ってその場で改善を実感できるとされており、妊婦の腰痛にも効果ありと謳われているほどです。

産後や妊娠中の体は非常に刺激やダメージに弱いので安全かつ無理がない状態で施術を受けられないことには意味がありません。

そのため、一般的な整体院よりもAKA施術が可能な整体院で施術を受ける方が安心して症状を改善することができると言えるでしょう。

何より、AKA施術を受けたその場で改善することができるということはそれだけ何度も通う必要がないため、
産後や妊娠中の体に負担が少ないとも言えます。

産後は、無理をすると後々響くと言われており妊娠中はもちろん安静にしなければならない時期ですので、
無理のない安全な施術を受けるためにもAKA施術を採用している整体院で施術を受けて、
つらい腰痛や産後骨盤矯正を行ってみてはいかがでしょうか。


宮城県富谷市・黒川郡 産後骨盤矯正なら「まやま整骨院」



富谷市・黒川郡 妊娠中の腰痛でお困りなら「まやま整骨院」

2017年02月06日 [記事URL]

AKA施術とは、
腰骨にある仙腸関節を動かすことで関節の動きをよくし、痛みをとるというものです。
腰痛などで用いられるほかは骨盤のゆがみを矯正する際に使われ、産後骨盤矯正の方法としても用いられています。

AKA施術の特徴は短時間で終わること、そして、施術中に痛みが発生しないことです。
骨盤のゆがみを直すとなると、力で骨盤を戻すイメージを持つ人がいますが、
AKA施術では仙腸関節を動かすだけで、ものの10分で終わり、その際には痛みもありません。
その後、仙腸関節の動きが良くなったかどうかを確かめて判断します。

妊婦の腰痛にも効果ありとされており、無理のない安全な施術方法として人気を集めています。

しかし、これだけ優秀な施術法であるにもかかわらず、これができるのはごくわずか、全国でも希少となっています。
この背景にはAKA施術の難しさがあります。仙腸関節自体、わずか数ミリ程度しかなく、
その中のわずか1ミリ2ミリのゆがみを直すというのがAKA施術です。

そのため、わずかなズレを手の感覚だけでつかまなければならず、
相当な経験、集中力を要するため、習得にはかなりの時間がかかり、
医師であってもできる人はほとんどいないという施術法です。
また、すぐに終わるといってもとても繊細な施術で集中力を使うため多くの人数をこなせるわけではなく、
保険がきかないため1回5000円~10000円程度かかるのも特徴です。

AKA施術で良くなるのは関節機能障害である場合のみです。
例えば、内臓の病気が原因となる痛みやケガをしてから間もない急性期のもの、
痛風の発作などはAKA施術をしても意味がありません。
整形外科の対象となるものがほとんどであり、急性期のものでなければほとんど対応できます。
1回の施術で腰痛などに効果を発揮し、辛かった痛みから解放される人も多くいます。
宮城県でAKA療法を専門に施術しているのは当院(まやま整骨院)とJCHO仙台病院さんだけです。

産後の骨盤の開きや妊娠中の腰痛でお困りならぜひ1度お問合せ下さい。


富谷市・黒川郡 妊娠中の腰痛でお困りなら「まやま整骨院」



富谷市 黒川郡 仙腸関節障害の治療なら「まやま整骨院」

2017年01月18日 [記事URL]

腰痛は、現代の中高年を中心に多くの人がかかえる困った痛みです。

そんな腰痛の原因の一つが、腰部脊柱管狭窄症です。

腰部脊柱管狭窄症の手術は、痛みの原因である狭くなっている脊柱管を元に戻す手術です。

再び、黄色靭帯や骨で狭くならないように、黄色靭帯や骨を固定します。脊髄も固定する場合もあります。

理屈では、狭くなっていた脊柱管を広げたので、下肢の痛みなどは取れるはずなのですが、
理屈通りにいかず、手術後も痛みなどの症状を訴える患者さんは多いです。

では、何が痛みの原因なのだろうかと言う事になります。
腰部脊柱管狭窄症の手術をして、がっかりな結果になった方々が次に行う治療は、AKA療法が一般的になろうとしています。

AKA療法は、AKA-博田法の略称です。
博田節夫医師が主導で完成された関節運動学的アプローチの治療法です。

腰骨と背骨の付け根の部分の関節は、仙腸関節と言いますが、
この関節は、2ミリから3ミリ程度しか通常動きません。
この関節が膝を始め、肩などの痛みの原因となっています。
仙腸関節の障害を医師の施術により解消すれば、痛みを取れるとしたのがAKA-博田法です。

今までの医療界では、腰痛の原因を主に背骨のどこかの異常であると最初に想定して、検査を始めていました。
特に椎間板ヘルニアが可能性の高い腰痛の原因だと推測されがちでした。

AKA-博田法は、そう言った方向の視点ではありません。
骨盤の近くのつなぎ目の役割を持つ仙腸関節の異常が原因であると想定して治療をする方法です。

この関節は、左右にある腸骨に挟まれている仙骨とを繋いでいます。
腰痛の多くの人はこの関節から痛みが伝わってくると解明しました。
その証拠に、ヘルニアの治療中の患者が、この関節を治すと痛みが取れたと喜びの声をあげられる人々が多いのです。

具体的な仙腸関節からの痛みのメカニズムですが、
動かないと言われていた仙腸関節が、実際にはわずかに動く事がわかってきて、
その動きに障害が起こり、無理をして動かすと痛みが起こります。

AKA-博田法により、この関節の障害を指先の操作で治療できます。
この治療方法のおかげで大部分の腰痛が解消されるようになってきます。
したがって、治療の優先順位は、AKA-博田法による治療が先で、それでも痛みが残るようなら、脊柱管を広げる手術が良いと言えます。


富谷市 黒川郡 仙腸関節障害の治療なら「まやま整骨院」



富谷市 黒川郡 AKA博田法なら「まやま整骨院」

2017年01月18日 [記事URL]

現代は腰痛治療のために、MRIやWCTといった高価な機器を用意し、
多額な治療費を支払って検査することが当たり前の時代となりました。

しかしMRIによってわかることは、靭帯や骨が通常の形からはズレているということだけであり、
実際にそれが原因で腰痛が起こっているのかということは定かではありません。

もともと人の体というのは年齢的なものである程度歪んでいたり、軟骨がすり減っていることは珍しくなく、
それでも人によってはなんの異常もなく健康に生活していることが普通です。
MRIで原因とみられる部分を特定しても、たまたまそれが痛みの原因と思い込んでいるだけかもしれません。

ちなみに腰痛の原因は、主に神経性のものと関節性のものとに分けられます。
神経性の病気といえば、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症です。
実はこの神経性の病気は、腰痛全体の数パーセントにしか及ばないというデータがあります。
神経は電気信号を通しますから、異常を正確に特定するためには一本一本故障がないか調べていく必要がありますが、
現代ではMRIで大雑把な領域の特定しかしていないケースも多々あります。
こういった診断をしている医者は、手術もそのアバウトな感覚からメスを入れています。
当然症状が改善するような確信は持っていません。
知らず知らずのうちにこのような手術を受ける患者はたまったものではありません。

では神経に問題がないなら、大部分を占める痛みの原因は一体どこにあるのでしょうか?
体の中には、仙腸関節といわれる骨盤付近の関節があります。
この仙腸関節に目を付けたのが、AKA博田法の生みの親である博田氏です。
博田氏は患者の体を触診していく過程で、椎間関節のように動かしやすく痛みの原因とされやすい場所には、
異常を感じることがほとんどできませんでした。実際に動かなくなっていたのは仙腸関節です。

このことから、博田氏は動きの主体となっている椎間関節よりも、
動きにくい遊びの部分である仙腸関節をどうにかすれば、腰痛改善につながると考えました。
実際に腰痛患者の仙腸関節に手で直接刺激を与えてみると、痛みがなくなることが証明されました。

AKA博田法はまだ健康保険対象外で、関節運動学を応用した高い専門技術を必要とする治療法ですが、
今後の腰痛治療で大きく貢献していくことに違いありません。

施術時間はわずか10~15分程度と、大変負担の少ないものですから、
後遺症などが心配な腰痛患者でも安心して治療を受けることができます。

富谷市 黒川郡 AKA博田法なら「まやま整骨院」



宮城県 富谷市 腰痛AKA博田法なら「まやま整骨院」

2017年01月18日 [記事URL]

腰痛でお悩みの方にはAKA博田法をおすすめします。

AKA博田法とは関節運動学的アプローチのことで、関節運動学に基づいて関節の遊びや滑りなどの異常を治療するというものです。

AKA博田法の施術ができる施術者はごく少数のため、この治療を受けるためにはAKA博田法専門施術者がいる院を探す必要があります。

腰痛と一口に言っても症状は人それぞれ違いますし、痛みの原因となっている病気の名前も違います。
ヘルニアの方もいれば腰部脊柱管狭窄症や仙腸関節を患っている方もいるでしょう。

まずは整形外科を受診して検査を受け、正しい病名を知ることが大切です。

AKA博田法は腰から背中を中心とした治療を行いますが、腰骨の近くにある仙骨と骨盤の関節を重点に治療を進めていくことが特徴的です。
施術者が自分の手で感触をつかみながら治していくため、専門的な知識と技能を持った施術者による治療を受ける必要があるのです。

このような手を使った治療によって関節の機能障害を治す方法がAKAですから、
従来の方法では腰痛が良くならなかったという方には特におすすめです。

整形外科でヘルニアと診断されたら手術を受けなければなりませんが、
AKA博田法を受けると手術を受けずに快方に向かう可能性があります。
実際に多くの患者さんがAKA博田法でヘルニアの症状が良くなっていますから、
ヘルニアの疑いがある方は一度AKA治療を受けてみるといいでしょう。

ヘルニア以外に腰部脊柱管狭窄症の症状を改善させることも可能で、
仙腸関節などの関節にAKA博田法を施し痛みを緩和させます。

腰部脊柱管狭窄症とは年齢を重ねたことで骨や関節などの部分が変形して神経を圧迫して起こる症状です。
血液の流れも悪くなるため痛みなどの不具合が発生することが特徴です。
脊柱管が狭くなってしまうのは老化が大きな原因ですから、誰にでも起こりやすい症状と言えるでしょう。

しかし必ずしも老化だけが原因ではなく、
年齢が若くても重いものを持つ仕事に就いているなど腰や背中に負担がかかりやすい方にも起こるケースがあります。

腰に違和感を感じたりしびれが発生しているときは、痛みが強くなる前に治療を受けた方が安心です。
症状が進行すると歩行が困難になったり、周辺の部位に別の症状が起こる可能性もあるため注意が必要です。

AKA博田法による腰痛治療は子供も女性も無理なく負担なく受けられるので、お気軽にご相談下さい。


宮城県 富谷市 腰痛AKA博田法なら「まやま整骨院」



富谷市の腰痛治療なら「まやま整骨院」

2016年12月12日 [記事URL]

先日健康セミナーで、ビッグマックセットと幕内弁当 どちらが健康にいいのか?というお話をお聞きました。

答えはほぼ互角ですが健康にいいのはビッグマックセット。
コーラさえ飲まなければビッグマックセットの圧勝だそうです。

体に一番よくないのは「糖質」、意外と大事なのは「油」だそうです。

ビッグマックセットのほうが幕の内弁当よりも「糖質」が少なくて、「油」が多いとのことでした。

もう一つ衝撃だったのは「藤井フミヤ」とサザエさんの「磯野波平」は同い年というお話でした。

タンパク質の摂取量の違いとのことでした。

いかに「糖質」を取らずに、「タンパク質」と「油」を取るかが健康の秘訣みたいです。

富谷市の腰痛治療なら「まやま整骨院」



当院と同じAKA施術がTVで放送されました。 宮城県のAKA整体なら「まやま整骨院」

2016年05月30日 [記事URL]

当院と同じAKA施術がTVで放送されました。 宮城県のAKA整体なら「まやま整骨院」



まやま整骨院と同じAKA施術がTVで放送されました。 宮城県のAKA整体なら「まやま整骨院」

2016年05月30日 [記事URL]


まやま整骨院と同じAKA施術がTVで放送されました。 宮城県のAKA整体なら「まやま整骨院」



黒川郡 富谷市の変形性脊椎症なら腰痛専門「まやま整骨院」

2016年02月07日 [記事URL]

背中、腰の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「変形性脊椎症」があります・
ここでは、変形性脊椎症について説明します。

【変形性脊椎症が疑われる症状とは】

背中の痛みのほかに、以下のような痛み、症状が見られる場合は、変形性脊椎症の可能性があります。

・40代、50代以降の女性で、更年期障害がある
・起床時、疲労時、動作の始まりなどに腰痛を感じる
・前かがみになったとき、腰の伸縮が悪くなる
・入浴すると腰痛の症状が一時的に改善する
・寝起き直後に腰にこわばりを感じる
・長時間の歩行後、腰から臀部にかけて痛みやしびれを感じる
・腰をそらすと痛い、そらせない

特に女性の場合、更年期障害の一つとして、変形性脊椎症のあらゆる症状が出現する事が多いので注意が必要です。
ちなみに、更年期障害とは、閉経前後の女性に見られる障害で、イライラ、めまい、頭痛にほてり、動悸や手足の冷え、性欲の低下、月経異常、腰痛、肩こり、不安、不眠など自律神経系の疾患が発生します。

【変形性脊椎症を放置するとどうなる?】

変形性脊椎症は、自然に改善することはありません。
そのため、症状を放置すると重症化し、神経の束である馬尾神経が圧迫され、足にしびれや冷え等の坐骨神経痛の症状を引き起こしたり、痛みが歩けないなど間欠跛行が起こります。

このような症状が現れると変形性脊椎症以外に、脊柱管狭窄症などを併発している可能性も考えられるので、これ以上の悪化を防ぐためにも、速やかに対処しましょう。

【変形性脊椎症はなぜ起こるの?】

脊椎が変形することで神経を圧迫し、痛みや違和感、動作の制限などが発生するのが変形性脊椎症です。
背骨を構成する骨を脊椎といいますが、加齢や生活習慣の乱れ、体重の増加等により骨に負担をかけてしまうと、次第に脊椎が変形し、本来の形が崩れた状態が変形性脊椎症です。

骨が変形すると、椎間板の上下にある椎体という骨が硬化し、棘のように飛び出すことで神経を圧迫したり、傷つけることで、坐骨神経痛などの痺れを引き起こします。

【どんな人が変形性脊椎症になりやすいの?】

変形性脊椎症になりやすい人は、40代以上の高齢者です。
加齢による骨や筋肉の劣化、老化が原因の病気なので、年齢を重ねた中高年以降に発症のリスクが高くなります。

中でも腰にかなりの負担をかけた生活スタイルにある人は要注意です。
例えば、肥満体型で、日々腰に負担をかけている、重労働で重い荷物を持つ際に腰や背中に負担をかけている、若い頃に背中、腰などに怪我をした経験がある、激しいスポーツを長く続けている、喫煙、食生活の乱れ、運動不足が気になる方などです。

そのほかにも、女性の場合は、閉経を迎えるとホルモンバランスの乱れが発生し、骨粗しょう症などの発症とともに、変形性脊椎症を引き起こす危険性も高いため、40代、50代という年齢で注意をするようにしましょう。

【変形性脊椎症に対する日常生活でできるケア】

変形性脊椎症を発症するとその痛みから、日常生活が不自由になってしまう事があります。
整体院では、個々の状態に合わせて、オーダーメイドの施術を実施し、痛みや痺れ、動作の制限等を緩和する事が出来ます。

そのため、定期的にお近くの整体院で施術を受けるのが一番の方法です。
しかし、気軽に通院出来ない場合は、適度な運動、マッサージ等を取り入れ、出来る限り筋肉や骨の状態を良好に保つよう心がけましょう。

軽いウォーキングで足腰を鍛え、食生活を整え、骨や筋肉に栄養をたっぷりと与えるようにしてください。
また疲労を蓄積させないためにも、血行不良を改善する半身浴、整体やストレッチは、大変おススメです。


黒川郡 富谷市の変形性脊椎症なら腰痛専門「まやま整骨院」AKA



黒川郡 富谷市の変形性腰椎症なら腰痛専門「まやま整骨院」

2016年02月05日 [記事URL]

・40代である
・足に痺れや痛み、違和感がある
・動作のはじめに腰が痛い
・同じ姿勢を続けると腰の痛みが増す
・起床時腰が痛いが動かしていくと徐々に和らぐ

変形性腰椎症は、加齢による老化現象が原因です。
現在腰の痛みがなくても、40代という年齢を境に発症のリスクが高くなり、特に中高年の腰痛で多い症状と言えます。

【変形性腰椎症とは】

腰は、腰椎から骨盤までの間のことを指し、骨盤が上半身の重みを支え、腰椎がその重みを足に伝えて動きをスムーズにします。
変形性腰椎症は、加齢によって椎間板が機能を果たせなくなり、骨の棘を形成することで痛みや痺れなどを引き起こす病気のことを言います。

症状は、頚部の痛みから発病し、手足のしびれ、歩行困難などの神経圧迫による症状が先に現れます。
痛みは、後頭部痛や肩関節痛、背中の痛みや腕の痛みとして感じられ、その痛みは眠れないほど耐えがたい強さを感じることもあります。

症状が進行すると、脊髄そのものが圧迫され、しびれによって、細かい作業ができない、力が入らない、などが見られます。
また排尿、排便困難等下半身の症状も出現します。

加齢以外の原因として、激しいスポーツ、長時間の重労働、同じ姿勢を長い時間とり続ける長距離ドライバーやデスクワーク、など腰や背骨への負担が影響します。

【変形性腰椎症の改善方法について】

変形性腰椎症は、変性に伴う腰椎の不安定性のため血行不良や筋肉の硬直、老廃物の蓄積、神経の圧迫などが起こり痛みや違和感を発症します。
整体院等では、これらの症状に手技によりマッサージや場合によって鍼灸治療を取り入れ、硬くなった筋肉を柔らかくほぐしたり、血液の循環を正常に整えるなど体本来の機能を取り戻します。

血液の流れが正常になり、筋肉が常に柔らかく柔軟性に優れた状態では、変形性腰椎症になりにくいので、定期的な施術は、変形性腰椎症予防に最適です。
一方、整形外科では、レントゲン検査を実施し、非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬による投与で症状の緩和を実施、痛みが強い場合は、ブロック注射などで一時的に痛みを取り除く事も出来ます。

しかし、長期にわたる薬の服用によって、胃腸障害等を引き起こす危険性も伴うため、医師と相談した上で治療を進めるようにしましょう。
もしも薬による副作用のリスクを軽減しつつ、早期に変形性腰椎症の症状緩和、予防を続けたい方は、整体院等の手技による施術が断然おススメです。

【変形性腰椎症の予防ストレッチ】

変形性腰椎症を一度発症すると、自然に改善することはありません。
そのため、定期的な検査や最低でも月1回程度は、整体院等で施術を受ける必要があります。

そうならないためにも、少しでも腰に違和感を感じる、痛みや疲労が蓄積していると思ったら、自宅でも出来る変形性腰椎症予防ストレッチを取り入れて、早めの対策を行ないましょう。
おススメの方法は、とても簡単です。

椅子に座り、ひざの上に手を置きます。
ゆっくりと息を吐きながら身体を前に倒しましょう。

無理をしない程度まで倒したら、そのままの姿勢で5秒キープします。
このとき、腰の筋肉が伸びるのを実感してください。

ゆっくりと元の位置に戻り、繰り返し5回行なってください。
1日わずか30秒で腰の痛みや血行不良、疲労を改善し、変形性腰椎症予防が実現できます。

その他血行不良が慢性的な腰痛から変形性腰椎症を発症するリスクを高めてしまうので、血行不良を引き起こすストレスの蓄積、体の冷え、などをケアすることも必要です

黒川郡 富谷市の変形性腰椎症なら腰痛専門「まやま整骨院」AKA




 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


 

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典4

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話: 022-343-1841
メールでのお問合せ

「まやま整骨院」へのお電話はこちら
【 電話番号 】022-343-1841
【 営業時間 】9時~12時 14時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 電話受付 】営業時間と同じ
【 定休日 】日曜祝日

PageTop

キャンペーン
黒川郡大和町 富谷町のAKA肩こり治療
黒川郡大和町 富谷町のAKA腰痛治療
黒川郡大和町 富谷町 交通事故治療
お問合せ
メニュー
会社概要

黒川郡 大和町 骨盤矯正
「まやま整骨院」


【住所】
〒981-3621
宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2


【電話番号】
022-343-1841


【営業時間】
9時~12時 14時~20時
(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)


【電話受付】
営業時間と同じ


【定休日】
日曜祝日


【駐車場】
店舗前全て(8台分)無料


【出張】
可能 (徒歩10分圏内)
それ以外はご相談下さい


【出張費】
1000円~
出張の場合は無痛整体5000円コースのみ


カテゴリー
新着記事